北海道エリアの特徴

釧路・根室エリア

夕日の美しいまち釧路と
最東端のまち根室まで含むエリア

釧路湿原や阿寒湖、風連湖など、ダイナミックな風景が広がります。夏が冷涼なため避暑地としての人気が高まっており、冬ならではの美しい自然も貴重な観光資源になっています。

エリアごとの特徴

日本最東端の地は、北海道の中でもスケールの大きさを体感させてくれるエリア。一次産業が盛んで、農業は広大な牧草地を生かした酪農がメインです。また漁業では、全国でも有数の水産基地である釧路港と根室港を有しています。納沙布岬の向こうには、手の届きそうなところに北方領土の島々が浮かんでいます。

地域の暮らし・住まい情報

釧路・根室エリアへのアクセス

2020年8月現在

 空港名/出発地羽田空港
(東京)
関西伊丹空港
(大阪)
中部国際空港
(名古屋)
空港からの所要時間
行き先交通手段所要時間
釧路・根室たんちょう釧路空港約1時間40分約1時間55分約1時間45分釧路市内バ ス約45分
根室中標津空港約1時間40分--根室市内バ ス約1時間35分

※季節等により、航路が増減する場合がございます

PAGE TOP